WebデザイナーはJavaScriptの知識も必要です!その理由と学習方法をご紹介!

デザイナーを目指す
この記事は約 2 分で読むことができます。

今回の記事内容まとめ

  • そもそもJavaScriptとは?
  • WebデザイナーがJavaScriptの知識も必要な理由
  • 独学でJavaScriptを学習する方法
  • スクールでJavaScriptを学習する方法

HTMLやCSSは知っていても、JavaScriptとなるとあまり分からないというWebデザイナーも多いのではないでしょうか?

ですが、最近はWebデザイナーがプログラミング技術も求められる時代になってきています。

今からWebデザイナーを目指す方はデザインの勉強だけでなく、JavaScriptの知識も学んでおけば明確な強みとなります。

この記事では、Webデザイナーの方や今から目指す方にJavaScriptの学習方法を紹介します!

スポンサーリンク

そもそもJavaScriptとは?

JavaScriptとはいわゆるプログラミング言語と呼ばれるもののひとつで、Webブラウザ上でWebコンテンツを動的に生成するために使われます。

スライダーを動かしたり、アニメーションを付けたりと、HTMLやCSSだけでは実装できないことがJavaScriptで実現可能になります。

ASK
ASK
簡単にまとめるとこんな感じだね!
①HTML/CSSはサイトの見た目などの役割
②JavaScriptはサイトの仕組み、動作などの役割

WebデザイナーがJavaScriptの知識も必要な理由

JavaScriptが使われていないサイトはほぼない

現在、WebサイトでJavaScriptが使われていないサイトはほぼないと言っていいでしょう。

アニメーション、サーバーとの通信、フレームワーク、お問い合わせフォーム、広告など、様々な場面で使われています。

サイト構築をしようと思ったらJavaScriptは必須です。

どこまでがWebデザイナーの仕事なのかは曖昧

企業によってWebデザイナーの仕事範囲は結構変わってきます。

エンジニアがいるからデザインだけでいいよというところもあれば、HTMLやCSSで簡単なコーディング作業までやってほしいというところもあります。

場合によっては、JavaScriptを使ってプログラミングまでお願いねと言われるかもしれません。

この辺りは企業によるとしか言えないのですが、JavaScriptの知識を持ってさえいれば、仕事の範囲が広がることは間違いありません。

仕組みを知っていればデザインが変わる

デザインだけする場合にも仕組みを知っているかいないかで、デザインが変わってきます。

WebデザイナーがJavaScriptの知識を持っていれば、それを想定してサイトをデザインすることができますし、そのまま自分で実装できるわけです。

もしエンジニアの方にコーディングを任せるにしても、意思疎通がとれるかどうかは重要です。

自分で実装しなくても、知識としては持っていたほうがいいでしょう。

ではいよいよJavaScriptの学習方法を紹介していきます。

独学でJavaScriptを学習する

まずは独学でJavaScriptを学ぼうとしている方へ、おすすめのWebサイトと書籍を紹介します。

1人で学ぶのは無謀に思えるかもしれませんが、初心者の方向けの分かりやすいコンテンツも多数存在します。

ぜひ活用してみてください。

Progate

Progate(プロゲート) | Learn to code, learn to be creative.
Progateはオンラインでプログラミングを学べるサービスです。プログラミングを学んでWEBアプリケーションを作ろう。

無料でプログラミングを学ぶことができる学習サイト「Progate」

直感的で動画よりも学びやすいスライドによる説明で、自分のペースで学習することができます。

ブラウザ上で、コードを書いて結果も確認できるので、開発環境を準備する必要がないのも大きなポイント!

ドットインストール

ドットインストール
HTML, CSS, JavaScript, PHP, Rubyをはじめ、iPhoneやAndroidアプリの作り方も学べます。豊富な3分動画を見ることで、はじめての人でも無理なくスキルを身につけていくことができるプログラミング学習サービスです。

ドットインストールは、3分動画でマスターできるプログラミング学習サービスです。

スマートフォンからも視聴可能なので、すきま時間を利用して無理なく気軽に学べるのがうれしいですよね。

基本無料で利用できるのですが、月額1,080円のプレミアム会員になるとわからないところを現役エンジニアに質問できたり、レッスンの内容について、より丁寧に解説してくれます。

WebデザイナーのためのjQuery入門


HTML、CSSをマスターした方向けに販売されている、JavaScriptの入門書です。

JavaScriptとは何ぞや?という人はぜひこちらの本を購入することをお勧めします。

タイトルにもありますが、Webデザイナー向けの構成になっており、スライドショーやアニメーションなどのWebサイトでよく見る機能の実装方法を解説してくれます。

Webのデザインをする人はぜひ読んでもらいたい一冊。

ノンプログラマのためのJavaScriptはじめの一歩


JavaScriptに限ったことではないのですが、プログラムを学ぶときにつまずきやすいこと。それは

『機能や仕組みの説明を受けても、実際にどういう場面で使うのかが分からない』

今回紹介した本は、実際にどこでどのように使われているかということをしっかりと掘り下げてくれています。

そのほかにも初心者に対する配慮が細部にまで行き届いている良書です。

スラスラわかるJavaScript


「JavaScript関連の知識はゼロ」という状態から、JavaScriptの基礎知識や作法、基本構文、基本テクニックなどを無理なく習得し、かつプログラムが自力で作れるようになるところまで、しっかりとフォローまでしてくれるのがこちらの本です。

イラストも多めで分かりやすいので、気軽に読みたいという人はこちらがオススメ!

スクールでJavaScriptを学習する


出典:https://www.sejuku.net/

独学でプログラミングを学ぶ人の87.5%が挫折すると言われているんです。

モチベーションの問題であったり、自分に合った勉強法が見つからなかったり。

特にプログラミングに関しては、専門的な技術を要します。

周りに頼れる人がいないと自分ひとりでは対処できない場合があります。

そんな時におすすめなのは、スクールに頼ること。

多少お金はかかりますが、独学で学ぶよりも早く、確実に知識を習得することができます

Code Village


⇒公式サイトはこちら

JavaScript特化型のプログラミングスクールというのは数が少ないです。
(エンジニアを目指す方へ向けたプログラミング全体のスクールがほとんど)

そのため、JavaScriptをメインに学びたいWebデザイナーにはCode Villageが向いています。

完全オンラインのスクールなので、時間や場所にとらわれることなく学習できるのもポイント!

無料カウンセリングを実施しているので、本当にJavaScriptを習得できるの?デザインに役立つの?と不安の方は、一度相談してみるのも手ですね!

⇒無料カウンセリングはこちら

CodeCamp


⇒公式サイトはこちら

完全オンラインのプログラミング個人レッスン「CodeCamp」

プログラミングスクールといえばココ!と皆が口を揃えて言うくらい有名です!

その中でも、デザインマスターコースはWebデザイン未経験の方がWebサイト制作できるまでをサポートしてくれます。

このようにJavaScriptだけではなく、Webデザインに必要なスキルを身に着けることができるんです。

無料体験レッスンでは学ぶ内容の詳細を確認できるので、まずは予約してみましょう!

⇒無料体験レッスンはこちら

今回の記事まとめ

  • WebデザイナーはJavaScriptを学べば活躍の場が広がる
  • JavaScript仕組みを知ることでデザインにも生きてくる
  • 本やサイトを利用して独学で学ぶこともできるが、本気で学ぶならスクールがおすすめ

Webデザイナーの方はぜひJavaScriptにも挑戦してみてください!

参考デザインの勉強ができるおすすめWebサイト11選【初心者向け】

参考【初心者向け】デザインの勉強法まとめ【デザイナーになる方法】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント